【買う前に読め】初心者がエレキギター選びに失敗した話【今は解決】

ギター

ギター選びに失敗したそらばこです。

ギター初心者
ギター初心者

エレキギターを始めたいけれど、最初の一本はどうやって選べばいいか悩んでいる。失敗しない選び方を知りたい。

と悩んでいるギター初心者へ

そんな悩みを解決できる記事になっています。

僕は1本目のギター選びに失敗して、2本目のギターを買うハメになりました。

この記事では、ギター選びに失敗した経験を活かして『失敗しないエレキギターの選び方』をご紹介します。

この記事を読み終えれば、ギター選びに悩むことがなくなりますよ!

失敗しないエレキギター選びは「重量」と「好みの音・デザイン」

結論、店頭でギター選びは「重量」「好みモデルが重要。

※今はネットで購入も出来ますが、実際に店頭で実物を見て触れて選んでいく方が、確実に失敗は減ります。

「重量」と「好みモデル」が重要な理由は以下の通り。

  • 『重量』・・・ギターが重すぎると弾くこと自体に抵抗を持ってしまう
  • 『好みのモデル』・・・好みの見た目でないとギターの練習が習慣化しない

それぞれ深掘りします。

エレキギターの「重量」がポイントな理由

ギターは写真の見た目以上に重いです。肩にかけて演奏しますが、ボディサイズが身体に合わなかったり、極端に重すぎると持っただけで疲れてしまい続きません。

特に立って弾くようになると、演奏中にずっとギターの重さを感じ続けることになります。

持つだけで疲れるようなら意欲も下がってくるので挫折の原因にもなります。

なので最初はやや軽めのモデルをおすすめします。

慣れている人であれば本来そのようなことは起こりませんが、最初は気を付けた方が良いという意図です。

※重いギタ―が悪いということではありません。ギターの重量でも音が変わります。好みの音で選んだ結果、やや重めのギターになった場合はそのギターに決めてOKです。

また、重さはボディサイズでもおおまかに判断できます。

じゃあ、ボディサイズが小さければ何でも良いの?

実はそう単純ではないのです

実はギターの見た目が同じ大きさでも、ボディ内部のくり抜き具合によっても重さが変わるため要注意です。

~失敗談~

僕は最初の1本目は安い入門セットを購入しました。当時知識が無かったのでネットの写真で軽そうなストラトキャスターを選びましたが、結果は友達の持っていたレスポールよりも重かった、、、ということがありました。

重いギターだと練習意欲も全く湧きません。

自分の身体に合わない重量だと気付き、結局別のギターを調達することになりました。。

実物を見ずに買った結果でした。

なので結局は直接実物を手に取って、自分で感じた重量感で選べば失敗は避けられます。

好みの音やデザインで判断してOKな理由

ギターは好みのフィーリングで選ぶのもOKです。つまり最初であれどギター愛が大切なので、好きなデザインや音のモデルを選ぶことが一番だという話。

最初の頃はギターを買っても挫折のリスクがあるので、練習への意欲を上げたり、興味を長続きさせるために、好みのモデルを選ぶことがとても重要です。

買うとずっと弾き続けることになります。見ていて楽しくなったり、弦を弾いていてなんとなく心地よい音だと、当然ギターも触る頻度が増えるので長続きします。

初心者だからといって、思考停止で「初心者 ギター オススメ」で検索ヒットしたものを買うことがおすすめできません。ギターに対する思い入れが湧かないからです。

1本選ぶまでに自分だけのストーリーがあった方が、1本を決めたときの達成感も大きいはず。

自分の好みのモデルを見つけるためにも、できるだけ多くのモデルを手に取って弾いてみることをおすすめします。

以上の理由で、店頭で現物を手に取って「重量」「好みの音・デザイン」を判断することが良いです。

でも、いちいちお店にいくのは面倒だし、ネットで探す方がバリエーション豊富だよね?

という方はギターのサブスク利用も十分アリだと思います。

僕がギターを始めた当時はサブスクがありませんでしたが、今はギターのサブスクがあります。

もし僕が今始めるならサブスクを使った方法で好みのギターを探します。

例えばスターペグミュージックで豊富なバリエーションの中から1ヵ月ずつギターをレンタルして、自分の好みに合うギターを探す方法です。

届いたギターを実際に1ヵ月演奏して、合わなかったら別のギターを選んでいきます。

色々なモデルを演奏していくうちにピッタリなギターを絞ることができます。これなら家にいながらギターを選べるので、効率の良い方法です

今だけ初月無料!ギターレンタルの【スターペグミュージック】

店頭で選ぶ方法以外にも、ギターのサブスクを使う方法もあるので、

自分に合う方法でギターを選びましょう!

ギターで在宅ストレスをぶっ飛ばせ!ギターレンタルの【スターペグミュージック】

タイトルとURLをコピーしました